計画性が重要

親族が亡くなった際に発生する相続は、故人が生前残した財産をどのように分けるか計画的に進めることが重要です。そのため、相続に必要な手続きの流れをチェックすることが大切です。

相続の手続きの基本的な流れとは?

家族

相続の開始日

被相続人が亡くなり、通夜、葬式、初七日などの法要を済ませます。その後に、相続を開始しますが基本は、亡くなったことを知ってから一週間以内に死亡届を出さなければなりません。この手続きは忘れないよう注意しましょう。

遺言書の有無をチェックする

遺産を分ける時に必要なのが遺言書なので、有無を必ず確認しましょう。公正証書以外のつ遺言書の場合は、家庭裁判所にて検認が必須となります。また、遺言書があるなしによって相続の手続き方法はかなり変わってきます。

放棄をするか考える

遺産といっても、プラスになるものもあればマイナスになるものもあります。故人が生前残した借金なんかも相続対象になるため、放棄するかどうかを相続開始日の3ヶ月以内に申し出ないといけません。

相続できる人を調べよう

非相続人が亡くなった後は、相続できる人を自分たちで調べる必要があります。まずは、被相続人最後の本籍地へ行き、市町村役場から戸籍を入手します。その中に対象者がいた場合は、遺産相続人として考えます。ただ、対象者でもある一定の条件が必要です。さらに遺言書や権利によって相続権がある人が確定することもあります。

協議を開始する

相続できる財産の調査後、どのくらいの遺産が残されているのかを調べます。調査結果が出た後、相続人が集まり財産分割協議に入ります。この時参加者全員が財産分与の配分に合意したら、財産分割協議書を作成します。

相続できる人はどんな人?

遺産相続をする上で気になるのが相続人です。優先順位としては、配偶者、子供、親、兄弟姉妹です。また兄弟姉妹のいずれから死亡している場合は、甥や姪が相続人となります。

相続の手順はわからないことだらけ~基礎知識を身に付けよう~

老夫婦

法律のプロに相談をするメリット

財産分与が計画通りに進めばいいですが、そうもいかないこともあります。中には、遺産分割で盛大に揉めるところもあります。収集がつかなくなり、最悪事件が起こる可能性もあります。依頼者側の主張に耳を傾け、それに寄り添う形で解決方法を提示するのが専門家の仕事なので問題が長引きそうなら即刻相談するのが正しいでしょう。また法律的な部分だけでなく、依頼者が落ち着けるよう様々な視点からアドバイスしてくれるため、とても心強い存在といえます。

江戸川の税理士事務所を厳選紹介

[PR]
名古屋で相続手続きを進めよう
専門家への相談が大切☆

広告募集中